AEA優良サロン制度について

ABOUT EXCELLENT ESTHETIC SALON
「AEA優良サロン制度」
経済産業省の指針を
踏まえていることを宣言します。
「AEA優良サロン制度」認定マーク
ヘルスケアサービスガイドライン等のあり方
AEA優良サロン制度は、経済産業省の『ヘルスケアサービスガイドライン等のあり方』を踏まえた
業界自主ガイドラインとして経済産業省HPリスト(PDF)に登録されています。

「AEA優良サロン制度」とは

この制度は、AEA正会員加盟サロンがお客様から「安心・安全で信頼できるサロン」として広く認識されるよう、「法令遵守」・「エステティシャン教育」に対して積極的な取り組みをしている会員企業を「優良サロン」として、広くアピールしていくための制度です。
審査においては、AEAと利害関係のない第三者で構成される審査委員会を設立し、項目ごとに基準と照合。公正かつ厳正に実施いたします。
それぞれの項目をクリアした加盟サロンには「優良サロン」であることが証明できる優良サロンステッカーを配布し、本ホームページで公表いたします。

「AEA優良サロン制度」誕生の背景

近年エステティックがヘルスケアサービス産業と認識されるに伴い、お客様からの「安心・安全で、信頼できるサロン」の要望がより一層高まってまいりました。

AEAは、エステティックサロンを経営する企業の団体で、実務に通じた方々が運営に携わっています。AEAの内部には、消費者目線でのコンプライアンスを追求し、タイムリーに会員に情報を提供する「コンプライアンス委員会」、エステティシャンの養成・レベルアップ・産学連携に取り組む「教育委員会」、エステティックに関する相談に対応する「AEAエステティック相談センター」等、様々な組織があります。これらの組織では、お客様やエステティシャンが日ごろ直面している問題・課題をリアルタイムに受取り、日々誠実に対応にあたっています。

AEAは、組織を通じて集まった情報と生み出した解決ノウハウを、お客様の安心・安全・信頼の要望に応えることに活かそうと「AEA優良サロン制度」を設立いたしました。

制度をつくるにあたり、AEAは様々な分析から、従業員・エステティシャンの労働環境・職務内容の整備が、サロンの価値を高め、お客様からの信頼を得ることへつながると考え、従来のお客様へのコンプライアンス・エステティシャンの教育に加え、従業員へのコンプライアンス・エステティシャンのキャリア設定に重きをおいて制度を設計いたしました。

労働時間管理、有給休暇、ハラスメント対策等の労務管理の徹底、厚生労働省の職業能力評価基準を活用した評価シート、キャリアマップの作製により、従業員、エステティシャンのモチベーションを高め、自己啓発を通じた全体の質の向上を図り、安心・安全で信頼できる「優良サロン」作りへと導いてまいります。

女性が多く活躍するサロンの労働環境とエステティシャンの職務内容が整備されることにより、安定した雇用環境を創出することが、サロンの価値を高めることにつながり、お客様からの信頼を得て、業界に貢献できるものと考えます。

  • 教育システム
    1. エステティシャンのキャリア設定
      • 職業能力評価基準、技能に応じた社内研修など
    2. エステティシャンの知識・技術の向上
      • 資格の取得やステップアップを促す取り組み
申請方法については会員ページをご参照ください。